終わりがない

ちらかって片付かない日々。車、バイク、カメラ、自転車、ギター、ガレージ、旅、その他。

ムーブメントを作るもの、支えるもの

世にムーブメントが起こると二時曲線的に盛り上がるだけ盛り上がって、どういうことだか一気に冷めてしまう。今年で45になるが、車とバイクで象徴的なムーブメントについて考察してみたい。

f:id:thambar:20170408102416j:plain

1987年登場、NSR250R(MC16)。当時「こんなバイクを公道で走らせていいのか!」と驚いたものだ。驚いたなんてものじゃない。まさに頭をぶち抜かれるような衝撃だった。まだ「レーサーレプリカ」なんて言葉がなかった頃の出来事。当時WGP500ホンダのエースライダーは、ワイン・ガードナー。85年に250と500でWチャンプに輝いたフレディ・スペンサーが怪我で戦線離脱しているなか、実質的なエースライダーとなったガードナーのために開発のウェイトが傾き、その期待に応えるようにガードナーは勝利を重ね、87年のチャンプに輝いた。

当時は今のようにネットなどないし、TV中継も無いに等しい。情報は雑誌でしか入ってこない時代。食い入るように雑誌の行間まで読んでいた。WGPのレースマシンを見慣れている目で市販車を見ると、もう贅肉だらけのマシンにしか見えなかったあの頃。そこに現れたのがNSR250Rだった。

この通称ハチナナから、レーサーレプリカブームが始まる。おおよそ3-4年だろうか。当時は大型免許という枠組みがなかったため、中型免許で乗れる250ccと400ccのカテゴリで、毎年モデルチェンジが敢行されるという狂気の祭り。街を走れば、革ツナギを来たレプリカ群がわんさかと走り、六甲山(神戸)に行けば走り屋渋滞が起きる始末。

しかし87年を起点に、4-5年も経つとカウル無しのネイキッドに流れが傾いていった。その後はドレスアップを主流としたスポコン的なもの、同じ流れにあるビッグスクーターブームなど。いわゆる多様化と言ってしまえばそれまでだが、それにしてもレーサーレプリカブームは少々異常だった。いったいあれはなんだったのだろう。

f:id:thambar:20170408103939j:plain

89年には、車の世界も変革が起きる。スカイラインGT-RBNR32)の登場だ。仏壇のようなインパネにハリボテのようなボディ。おおよそ洗練さからかけ離れた日産車に、超感覚なんてキャッチフレーズをひっさげてこんな車が登場したのだから驚いた。(ちなみにこのキャッチはベース車となった8代目スカイラインのもの)。

当時Gr.Aという市販車ベースのレースカテゴリーが存在し、ここで勝つために全てをフォーカスし、長らく途絶えていたGT-Rという称号を復活させるために生まれた車。そしてこの車の登場から、世界中のスポーツカーが変わったといって過言でない。なぜなら、走りについて一家言あるあのポルシェですら930の時代なのだから。

バイクのレーサーレプリカブームと時をほぼ同じくし、街にはやはり車高の低い車があふれた。しかし時が流れるとやはり、盛り上がりを思えば驚くほどに一気に廃れていく。街を代わりに占拠したのは、ほぼ空気を運んでるに等しい箱バンのRVブームだった。

車やバイクの世界は20年周期で変化が起こるように思う。これは技術の革新や蓄積から、こんな周期になるのだろう。それにしても、NSRやR32GT-Rが作り出した変化は、他と比べられないような熱量があった。なぜなのだろう。

思うに、生まれてきた志がシンプルだった。NSRは「出しちゃえ」というノリだったのかよくわからないが、それに近い物を感じたし、GT-Rは前述の通り、全てが勝つためにフォーカスされた車だった。余談だが、スカイラインには4ドアセダンがあったが、GT-Rの開発の関係があり、猛烈に窮屈な後席を強いられる「4ドアセダン」だった。それでヨシとされたのだろう。いまならどうか。もう少し小器用にやるだろう。なにせ、いまはメーカーの間を跨がってシャシーをプラットフォーム化してるような時代なのだから。

たとえば、いまの車はどうだろう。スーパースポーツと呼ばれる車種を見ても、もう一般ドライバーが制御できないような高性能さだ。電子制御の力を借りなければ、まともにガスペダルも踏めない。たとえば2WDで600馬力近い出力を受け止め、サーキットに行けば驚速のタイムを刻むことができ、その帰り道はエアコンが効き、渋滞でぐずることもなく、負荷がかかってない状態であればエキゾーストに栓をして排気音を絞って走る。

技術はいろいろなものを叶えてくれるが、技術は道具だ。世の中いろいろと高度化・緻密化を突き進むし、それそのものは悪いことではない。恩恵も素晴らしい。だが、それが「全て」となると、また違うと思う。

高度化・緻密化という言葉で遊ぶと、その傍らで捨て置かれたものを、今一度マージして、もうひとつ上の段階での高度化・緻密化を目指すのはどうだろう。

時代が、背景が、、、いろいろ有る。
しかし、古今東西、やはり大事なのは「志」ではないだろうか。高度化・緻密化すればするほど、このように定量化しづらいものは余計に見えづらい。だからこそ、そこにシンプルに向き合うこと、これがムーブメントを作り、そして支える源泉になるのではないかと思うのだが。

 

Husqvarna 701enduro 購入計画

f:id:thambar:20170407221245j:plain

うちにある乗っていない3台のバイクを手放して、Husqvarna 701enduroを購入予定。なぜまたこんなバイクを手に入れようかというと、全てはドローン撮影のため。本当に不味いなあ、そのうちカメラを手に持たなくなりそうだ。

ともかく、オフ車を買おうと。派手に道なき道を行くわけではなく、出くわした未舗装路の走破や、よさそうな撮影ポイントを見つけて、ちょっと入っていきたいときにという目的。日頃の撮影には四駆の車を使っているのだが、道を選ばず走ることができる素晴らしさは何物にも代えがたい。つまり、バイクにもそれを求めるという話。

さて、まず俎上に載せるのはセロー。ある種の「上がり」バイクで、佳いのはよくよくわかるし、知り合いがさんざん乗ってるのを見て、まず第一選択となったのだが、跨がるとどうも小さい。自分の身長は182cm。振り回すにはサイズが小さい方が都合がよいが、あまりに小さいのだ。それに、長距離を乗るのに250cc単発となると、もう少し余力が欲しい。

いろいろ物色していると、KTM 690 Enduro Rが良さそう。単発で700ccとなると、トルクは問題ないだろう。ライポジなどを考えれば、やはり100km/h程度で高速も巡航するのがラクだろう。しかし、そこに至るまでの力が大事で、この点は文句ないだろう。それに車重がセローと大して変わらない軽量さ! 少々ハンドルの切れ角が小さいなどの問題はありそうだが、良さそうだ。

早速各所に連絡をするも、中古はそもそもタマ数がなく、新車すらも捌けた後のようで、軒並み在庫無し。なにやら今月中旬に各所ディーラーに配車されるようだ。まてまて、確かハスクに兄弟車のようなバイクがあったはずだ・・・。

いろいろ調べてみると、KTMよりタンク容量が若干増え、さらにサスのグレードがアップ、挙げ句ハンドルの切れ角も増すそうな。しかし写真で見る限り、なんだかシートカウルのあたりがモッサリしてイマイチだなあと。カラーリングも、いわゆる「オフ車」といった印象で。

とりあえず現車を見てみようと、会社の決算のための帳簿付け作業を放り出して、スタッフも引き連れて見に行く。すると、実車は実に格好良いのだ。モッサリして見えたシートカウルは立体的で、写真で見るより全然格好良い。スッキリしすぎたカラーリングも北欧的な雰囲気で上品。やはり実車を見ないとわからないものだ。

跨がってみると、182cmでも両足つま先立ち。デュアルパーパス的な立ち位置とはいえ、あのハスクがリリースするバイク。最低地上高を稼ぎ、本格的なサスが入ればこうなるのだろう。KTMに比べると、タイヤもかなりブロックらしさが漂う。ロードで寝かしこみ、スロットルを乱暴に開けると流石にスライドしそう。KTMに比べれば、デュアルパーパースでも少しオフ寄りといった印象だ。

しかし、、、気に入った! 車重140kg程度で700ccのエンジンとなると、オンオフ関係なく、単純に乗り物として見て面白い。まずは手放すバイクの査定だ。

その昔サーキットを走っていた頃、タイヤのスライド感覚を養うためにダートラの真似事のようなトレーニングをよくやった。本格的なオフ車はそれ以来だ。当時はまだ2st全盛で、恐ろしくバイクが速かった印象が強い。一応、砂利道林道程度は走っても、本格的なことをするつもりはない。しかし、こんなバイクがやってくるとやりたくなるのかなあ。

なんにせよ、楽しみだ。余談だが、2stのハスクもショップにおいてあった。混合にチャンバー。呆れるほど軽い車体。性格的にこっちに行きたい、、、しかし、冷静さを失わず、701の見積もりを貰って帰るのであった。。

DUCATI DESMOSEDICI RR

f:id:thambar:20170406224111j:plain

略してD16RR。発売当時は指をくわえて見るしかなかったバイク。

1199 superleggeraは、ポジションや取り回しを含めて市販車ならではの取っつき易さがあるが、3千回転から下はスナッチが酷く使い物にならない。すり抜けを行うのに半クラッチが必要なほど。

D16RRは下からトルクがありエンジン特性は取っつき易い。しかし限界領域にヒンヤリと横たわるヤバさが漂う。

1199 superleggeraは「市販車のチューニング車」であり、D16RRは「motoGPマシンのデチューン車」。乗り比べてみると、その乗り味の違いは生い立ちそのものである。

両車ともに素晴らしいバイクであることは間違いないが、D16RRに強く惹かれる。もうこんな車両は出てこないのではないかと、1299 superleggeraを見て思う。

年も年で、もしものことを考えるとスロットルを絞ってしまうが、乗り続けられる限り乗りたい。バラバラとばらつく低回転のエキゾーストが、回転上昇とともに揃いはじめて、あの聞き慣れたmotoGPマシンそのものの音を奏でる。何度跨がっても、何キロ走らせても未だに震えるほどに興奮する。数多くの車両を乗り継いできたが、車も含めて、こんな車両はD16RRだけだ。

まとまらないから面白い。

f:id:thambar:20170405215044j:plain

ドローンの情報をインターネット上で調べようと思っても、なかなか有用な情報にたどり着かない。キーワードを打ち込んでヒットするのは、いわゆる「まとめ」と称するカーボンコピー的な情報ばかりで探すのも億劫になる。

探したいのは、ドローンで撮影したスチル画像や、ロケーション情報。それもいわゆる「絶景もの」ではなく、カメラを単純にドローンに持ち替えて撮影するようなアプローチのもの。こんなことを考えるのは自分だけなのか、まったくといっていいほど見当たらない。

カメラ部分のスペックが、ようやくスチル用カメラとして考えたときにクオリティ的に及第点に達しつつある段階で、ドローンを使って撮影を行うというのも、まあこれからといった面もあるのだろう。

便利な「まとめ」ページがないので、撮ってみたい場所に出かけ、とにかく撮りまくってみようと思う。ちゃちゃっと調べられてしまう世の中というのも、考えてみれば便利なようで便利でないのかも。いずれにせよ、自分で探して自分で確かめる。これほど楽しいことはないわけで、まとまらないから面白い。

ドローンケースを選ぶ

f:id:thambar:20170403164308j:plain

CP+で見つけた、HPRCのPhantom4専用ケース。プロペラを取り外さずに収納できるため購入した。正直ここまで仰々しいケースは必要無いが、それでも付属のケースではバッテリーが2本までしか収納できず、どうせ買うならと。

効果としては、とりあえず気分が盛り上がるということで。

ドローンでスナップ

f:id:thambar:20170403142440j:plain

ドローンで撮影するにしても、長年染みついたスナップ撮影のスタイルはなかなか抜けない。単にハンズオンのカメラからドローンへ持ち替えただけ。しかしこれが本当に面白い。そんな画を撮るのが1人ぐらい居てもよいか。

f:id:thambar:20170403142834j:plain

上空へ離陸最中、いきなり直下に船が現れたので慌てて撮影。真俯瞰という画は、ハンズオンであればなかなか撮るのが難しい画だがドローンなら撮れる。しかし自然以外の被写体では30m以上距離を取るという飛行ルールが存在するため、こんな画を撮るのは本来難しい。※船を目視後、針路を変え一気に高度を上げる最中にシャッターを切った。

しかし、スナップ的な撮影を行うには画角が広すぎてフレームがなかなか難しい。レンズ交換が可能なドローンが欲しいが、センサーも大きくなりフォーカスもシビアになる。まあ本当に楽しい。楽しみながら迷うとしよう。