終わりがない

ちらかって片付かない日々。車、バイク、カメラ、自転車、ギター、ガレージ、旅、その他。

35mmの街

過去何度も撮りに行ったニューヨーク。歴史のせいなのか、アメリカのどの街にも似ていない。 「撮りに行く」というよりも「歩きに行く」に近い。エアとホテルをおさえて、日程はいつも帰国日以外は何も決まっていない。特に行きたい店も無ければ、見たいもの…

写真と、水。

竹富島西桟橋に日が沈むのを見に行く最中のカット。フィルムはフジのアクロスだが、たまに水を拭き取るスポンジのせいでネガがひどいことになる。なんでだろう。 久しぶりに暗室作業を再開しようと、ネガを整理していた。フィルムの画には、きちんと湿度が写…

圏外

ミニマムな電話機能だけの電話を買ってみた。 旅先で調べ物をしたり、出先で渋滞情報を見たりと、iPhoneのようなデバイスは便利でよい。これからもきっと使い続けるだろう。 かつてはiPhoneも車の中に置きっぱなしで、カーオーディオに接続しっぱなしの「iPo…

アライメント

写真というものは面白い。自分自身のアライメントが像として定着し、それをまざまざと結果として見せつけられる。要は自分自身にダメを貰う。だから面白いんだろうと思う。 写真には自分自身の「心」「身体」「魂」この"アライメント"が写る。 その瞬間に自…

マイナートラブルからCup??

乗ってみたいと10年近く目で追いかけてきた911GT3(997前期型)。すでにtype991が出て久しい2年ほど前にやっと手に入れることができた。 実はtype997には一度乗っていた。素のカレラで、5万キロ近く走った個体。足回りをやり直し、ポルシェAGから調達したDMEデ…

古い車、手間暇。

我が家には何台か車があって、現代的な車は1台のみ。あとは手のかかる旧式な車ばかり。そのすべてにナンバーが付いて走れるのだが、最も古い物になると1968年式と、まあとにかくランニングコンディションとするには手間暇が「かかりすぎる」。 古い車が好き…

燃える、燃やす

久しぶりに薪ストーブに火を入れる。我が家の主暖房はこれ。最初はなかなか火を回すのが難しい。まず焚き付け用の端材から薪に火を移すのさえ難儀した。 煙突へ上昇気流を作り、十分に鋳物のストーブが暖まったら、今度は空気の流入量を絞る。上昇気流のこと…

何年ぶりだろか

いろいろ散らかりっぱなしな毎日について記してみるとしましょう。LEICA M10とNOCTILUX 50mm F1.0(E58)。なんだかんだと、ノクチルックスは面白いレンズ。