終わりがない

ちらかって片付かない日々。車、バイク、カメラ、自転車、ギター、ガレージ、旅、その他。

FUJIFILM GFX50S

f:id:thambar:20170414142332j:plain

f:id:thambar:20170414142340j:plain

f:id:thambar:20170414142345j:plain

f:id:thambar:20170414142351j:plain

わけあってしばらくこのカメラのオーナーに。EOS 5DSRなど、135判ライクのデジタル一眼レフでも5千万画素超のカメラはある。センサーサイズがそれよりも大きいが、それがどの程度効いてくるか。APS-C版のX-T2などを使ってみると、2400万画素センサーになってからフジのカメラの画は素晴らしくよくなったと思う。このあたりと比べてどうなのか。いろいろと探りながら試してみたい。

少し試してみたところ、よく写るのは当然。いまでも所有しているが、その昔のPHASE ONE P25あたりのような画のインパクトはあまり感じられない。もっとも、画がまとまってるが故なのかもしれない。

しかし、コンパクトなボディサイズであること、ミラーショックのないミラーレスであること、APS-C版のXシリーズ譲りの操作性に、フジの画作りというのは魅力的。

少し使い込んでみたい。