終わりがない

ちらかって片付かない日々。車、バイク、カメラ、自転車、ギター、ガレージ、旅、その他。

2人乗りというバロメータ

f:id:thambar:20170630203116j:plain

バイクでタンデムすることほど、バイクに乗ることの魅力をスポイルしてしまうものはない。ブレーキング・コーナリング・加速と、全ての動作においてバイクと自分とが高度にシンクロすることが求められる。それらが阻害されるとストレスの溜まる乗り物だからだ。2人だと路肩にバイクを寄せ、降りる動作すらもどかしい。

 

2人で乗って、乗りやすい人、そうでない人といる。乗りやすい人は、シンクロしようとする人。身を委ねるのか、それとも共に乗りこなそうとしているのか。そのあたりはそれぞれなのだろうけども。

 

2輪しか接地していない乗り物で、タンデム。それはタイトロープの上を歩くようなものかもしれない。そう考えるとなかなか興味深い。