終わりがない

ちらかって片付かない日々。車、バイク、カメラ、自転車、ギター、ガレージ、旅、その他。

車趣味の変遷

f:id:thambar:20180130042549j:plain

古い車が面白くなったのは、さほど前の話ではない。しかしこんな車たちが刺さるようになるとは夢にも思わなかった。若い頃からともかくスピード命で、そもそもバイク乗り。車も走りにピュアなものにしか興味がわかなかった。そんな自分が古い車に目を向けるきっかけになったのは、バイクのハーレーダビッドソンかもしれない。

「走り」という目線で見ると、ハーレーなんて鉄屑のようなバイクだ。古くさい空冷Vツインに、すべてのマテリアルが重い鉄といってよいほど。こんな贅肉だらけのバイクに乗りたがる人たちの気がしれないと思っていた。挙げ句、ハーレー乗り特有のコスプレ的ファッションにも目を細めてしまうというか(笑)しかし乗ってみると、世界がバーンと広がった。飛ばさないでもバイクってのは楽しいんだ、と。むしろ、飛ばさない方が楽しい。自分のバイク観とは180度真逆の世界に触れて「いろんな楽しみ方がある」と実に考えさせられた。

車も1000馬力近いチューンドに乗っていたこともある。内装ドンガラ、足はガッチガチ。バイク乗りにとっては、車は楽したい乗り物でもあるわけで、バイクほど偏ったチョイスにはならないのだが、それでもやはり走りに振れた車が好みだった。

前述の通り、ハーレーに触れてからというもの、古い車に興味が向いた。乗ってみるとこれがまた大変。バイクと違い、シンプルとはいえども車として成す部品の構成点数が段違いで、まともに走るように仕上げるだけでも大変。極論すると車もバイクも新しいに限るなんて台詞を吐きたくなる(笑)しかし、プリミティブな構成で物事を実現させようというパッケージングに触れるといろいろと考えさせられるし、なによりそんなものを操作すること自体に喜びを感じる。車ってのは、これでいいのだ、と。

バイクという乗り物ならなんでも。車なら、4つタイヤがついてるものならおおよそなんでも。まあ結局のところ全方位に興味があるのだが。。乗り物は楽しい。

最近は、写真のような小さくて古い車が面白い。ルノー4CVに、フィアット126。日替わりでこんなのに乗れたら最高だな。とりあえず仕事仲間から受け継ぐチンクェチェントがやってきたら下道日本一周でもやってみたい。考えるだけで楽しい(笑)